慰謝料請求と証拠

慰謝料を請求するとなると、その証拠が必要になると考えられます。

しかし、これも絶対ではない部分を持っていることに注目する必要があるでしょう。慰謝料が請求できるかどうか、証拠とは何かになってきますが、実際にメールや着信履歴を提示することがあります。

ですが、このやり取りだけでは、言葉遊びかもしれないことから、十分な証拠とはなりません。通話内容が録音できていれば問題はありませんが、なかなかできることではないでしょう。

確たる証拠としては、行為をしている写真や動画、ホテルに出入りする写真、第三者の報告書といったものが必要です。

では、証拠がなければ請求できないのかといえば、これも異なります。

法律事務所に相談することによって請求できるケースが出てくるからです。例えば、浮気相手と交渉し、不貞行為を自白している場合には、それを証明さえすれば請求することができるようになります。

小さな証拠を重ねていくことで、相手と交渉して請求できるケースも出てくるのですから、自分だけでできないようなことも可能になってくるといえるでしょう。

負担もそれだけ減らすことができるのですから、まずは専門家に対して相談することがポイントです。